あまごの特徴

トップページ > あまごの特徴

紅姫あまご

伊豆の天城山系は、日本一のわさび生産地です。わさびは清らかな湧水が豊富でなければ育ちません。私どもはわさび農家ですが、その湧水を使い「あまご」を飼育しています。

あまごとは?

あまごは、やまめと近縁種で体側に朱点があるのが特徴です。伊豆地方では最上流部に棲息し、その姿の美しさから「清流の女王」と称され、釣り人のあこがれです。

味は、淡泊ですが甘味があり、クセがなく川魚の中で一番美味と絶賛される方もいます。

PAGETOP

紅姫あまご

あまごは、大きくても30cmくらいにしかなりませんが、その中でも3年以上かけ特に大型化する品種の飼育ができるようになり、刺身での提供が可能になりました。身の色は薄いサーモンピンクで、適度に脂がまわり、臭みが無いのが特徴です。

現在、大きい物で1.2kg以上が生育中で、ブランド化を進めています。

天女魚(あまご)と、山女(やまめ)の違い

紅姫あまご 天女魚(あまご) 山女(やまめ)
姿・形 紅姫あまご あまご やまめ
サイズ 30cm以上 20cm程度 20cm程度
分類 サケ亜科・サケ属・サツキマス群 サケ亜科・サケ属・サクラマス群
特徴 斑点が小判状で複雑でなく、体側にあざやかな朱点が散在している 体側にパーマーク(長円班)と呼ばれる斑点の美しい魚
分布 関東以南の太平洋側、四国、西日本および日本特産の魚 関東以北、日本海側では石川以北、九州にも分布している魚
産卵期 10月上旬~11月下旬 9月~11月
PAGETOP

サツキマス?

「紅姫あまご」は、姿・形がサツキマスにそっくりです。

サツキマスは、あまごが海に下り栄養を蓄え、再び遡上したものです。その数はごく少なく、狩野川でのサケの遡上との見間違いは、実はサツキマスです。「紅姫あまご」は、一生を淡水で過ごしますが、琵琶湖では同じ淡水環境のもの(ビワマス)が存在しますので、全くサツキマスと同じなのです。

食べ方は?

今までは、あまごと言えば塩焼き程度が定番でしたが、最近その実力に驚かされています。小型の魚では、フリッターから天ぷら・フライなど。そして大型魚では、刺身や味噌漬け、スモークサーモンまで。クセのない身質は、和食やフレンチ、イタリアンなど広く利用され始めています。

調理例「あまご(サツキマス)のづけ丼」
薄切りにした刺身を味付けしょう油にくぐらせ、丼にする。
トッピングであまごの卵を上にのせる。

≫ 詳しい食べ方は「あまごを食す」をご覧ください。

このお店で、あまごが食べられます。

直営店はこちら

天城路の味わい あまご茶屋
静岡県伊豆市市山540-1
TEL 0558-85-2016
営業時間 11:00~15:00 ※水曜日定休 あまご茶屋の詳細はこちら

業務用でご利用の方のサンプルは下記まで、ご遠慮なくご請求ください。

しもやま
担当:下山 明

静岡県伊豆市大平柿木871-2
TEL 0558-87-1147 / FAX 0558-87-1149
E-Mail simo1147@sunny.ocn.ne.jp

その他で食べられるところはこちら


このページの上部へ
Copyright © しもやま. All rights reserved.